1. テレワーク
  2. 0 view

インフルエンサーを活用することがテレワークでは大切

テレワーク

テレワーク

インフルエンサーを活用した営業スタイルが、テレワーク営業では大切になります。ネット上で完結する営業スタイルのテレワークでは、いかに優秀なインフルエンサーを抱えているかが、経営を成功に導くかを決める重要な要素になります。普通の営業スタイルで営んでいた経営者の方は、ネットを活用した営業戦略のイメージが掴みにくい場合もあるでしょう。通常営業とは違い、ネット営業ではインフルエンサーの優劣で売上が決まるといっても過言ではありません。営業マンが多くの知り合いを抱えていると成約がスムーズに実現するのと同様、フォロワーの多いインフルエンサーを抱えていれば、売上に結びつけることが難しくなくなるのです。ウイルス被害の影響により、テレワークによる営業スタイルを強いられてしまった経営者の方には、Webコンサルティング会社に言われて、サイトを立ち上げることを検討している方も多いでしょう。ネット営業で数字を出すためには、サイトを立ち上げるだけでは意味はありません。自社のサイトに対してリスティング広告を用いて集客したり、雑誌にQRコードを掲載するなど、それなりに広告費をかける必要があります。コンサルティング会社によっては、広告の手配までトータルで行ってくれるケースもありますが、それなりな経費も掛かっていきます。Web広告による集客の場合には、競合との差別化が難しい部分も理解しておく必要があります。自社の特性を強調した販促を行いたくても、ネット広告の場合には、ペルソナを立てるのが難しく、不特定多数に対して画一的な販促しか行えないのが実情でもあります。インフルエンサー営業であれば、自社のブランディングや商材に興味を持つ購買層を集めることが可能ですから、売上に結びつけることは難しくありません。インフルエンサーが自社の魅力を徐々に浸透させ、地道にフォロワーを増やすことで、経営は安定していくのです。最近は、人工知能を活用してフォロワーを増やせるツールも登場しています。ネット営業が未経験の営業マンであっても、AIツールを活用することで、短期間で多くのフォロワーを増やせるのです。自社のイメージにあったサイトを立ち上げ、営業マンがインフルエンサーとなってライブ配信を進めることで、通常営業と同様な売上をテレワークの状態であっても実現できるのです。物販を営む場合において問題になる発送の部分も、物流代行を活用すれば、自社で物流システムの構築に大規模の投資を行うことはありません。多くの企業がウイルス被害により、テレワークスタイルの営業手法にシフトして来ています。早い段階でネット営業で数字を出せる経営スタイルに移行しなくては、資金ショートを起こしてしまう可能性も十分にある状況です。いままでの経験では、ネット上での営業では通じないと考えるのではなく、提供されているサービスやツールを組み合わせて数字を出すことを目指していきましょう。

投稿 インフルエンサーを活用することがテレワークでは大切テレワーク に最初に表示されました。

テレワークの最近記事

  1. コンパの費用とかサークルに要するキャッシュをゲットできるのは当然の事…。

  2. 本屋でのバイトは…。

  3. リゾートバイトには…。

  4. 「1日なら時間がとれる」という時ってありますでしょ…。

  5. 「1日なら時間がとれる」という時ってありますでしょ…。

関連記事

PAGE TOP